RYOchannel’s blog

40代会社員のキャンプ情報

【キャンプ】1日の過ごし方を赤裸々公開!高規格オートキャンプ場編

HOME

f:id:RYOchannel:20211014094426j:image

最近職場の同僚から「キャンプに行って何をして過ごしてるの?」と聞かれる事が何度か有り、私としては色々やる事が有ると思っていますが、これからキャンプを始めようという方や、始めたばかりの方にとってはよく有る疑問なのかも知れません。

そこで今回は、キャンプの1日の過ごし方を私のキャンプを例に赤裸々公開しようと思います。

沙流川オートキャンプキャンプ場にて

この記事がいいねと思ったらブックマークお願いします。このエントリーをはてなブックマークに追加

 

◆目次◆
 

出発

今回は高規格オートキャンプ場編という事で、キャンプ場チェックインがお昼〜13時頃という想定で考えます。

キャンプ場までの移動時間が仮に1時間半程度だと仮定します。

9:00余裕を持って出発

午後からのチェックインの場合は食材の買い出しなどは当日道中で済ませますので、少し余裕を持って早めの出発をします。

f:id:RYOchannel:20211014100512j:image

11:00買い出し

途中スーパーで買い出しをしますがここで注意しなければならないのは、現地に向かうルートの途中にお店があるかどうか。

場所によっては全然お店がないようなルートもあるので、その辺は事前にチェックして無ければ前日までに済ませておきましょう。

f:id:RYOchannel:20211014111637j:image

ここで買った食材はクーラーボックスで冷やしておきます。保冷剤がない場合はここで板氷を買っておくと便利です。飲み物は事前に冷やしておくと、現地でキンキンの状態で飲めますのでそこはポイントです。

AOクーラーズ クーラーバッグ 24

 

現地到着

12:30チェックイン

現地に着いたらまずはチェックインです。

例えば13時チェックインの場合30分前から受付しているところも多いので、早めの到着をお勧めします。理由は、予約制のオートサイトでも、受付順に区画が割り当てられるキャンプ場もあるので、その場合早く受付したほうがより良い区画に割り当てられる事が多いのです。

f:id:RYOchannel:20211014113645j:image

13:00設営開始

区画が決まったらまずは設営です。

荷物を下ろしてどんなレイアウトにするかを決めます。この瞬間も毎回楽しみです。

f:id:RYOchannel:20211014114143j:image

テントとタープとテーブルなどの大まかな設営まで1時間あれば十分終わると思います。寝室やランタンなどすぐ使わない物は後でゆっくりと

f:id:RYOchannel:20211014114645j:image

14:00火起こし

ここまで設営したらまずは火起こしをします。

BBQをする場合炭を起こしますがしっかり火が付くまで少し時間がかかりますので、早めに開始するのがお勧めです。

この時便利なのが「火起こし兼用火消し壺」

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ

これが有ると、ほったらかしで火起こしが出来るので、待ってる間にまずはビールで乾杯して、先ほど残していた設営の続きをゆっくりやると、終わった頃に丁度炭が起きているのです。ホームセンターでも手軽に入手出来るので、1つ持っておくと便利です。

まずはキンキンに冷えたビールで乾杯しましょう!(私の場合はですが)f:id:RYOchannel:20211014115924j:image

昼食

14:20BBQ開始

私はお昼〜13時頃チェックインのキャンプ場ではこの時間に遅めの昼食にします。来る途中にコンビニでおにぎりなどを少し食べて、せっかくなのでキャンプ場で昼食を取るようにしています。

この時BBQが1番簡単ですぐ出来るので、大体このパターンです。それすら面倒な時はお惣菜やお弁当を買ってきて食べる事もあります。外飯効果でそれでもとても美味しいのです。

f:id:RYOchannel:20211014120906j:image

探索

15:15場内を探索

昼食を食べて腹ごしらえが終わったら、場内のお散歩に出かけます。はじめて利用するキャンプ場などは特にこの探索が楽しいのです。

景色を楽しんだり他のサイトを見学したりして今後のキャンプの参考にしています。またこの時に炊事場でウォータージャグに水を補給したり、薪を販売しているキャンプ場ではその調達もします。

f:id:RYOchannel:20211014122030j:image

キャンプ飯作り&焚き火

16:00おつまみ兼夕食作り

先程昼食を取ったばかりではありますが、ここからはちょこちょこ食べれるおつまみを作っていきます。お酒を飲みながらのんびりやるので、夕食も兼ねています。

ここがある意味メインイベントで、初のキャンプ飯にチャレンジしたり調理系のニューギアがあればここで初披露することも多いのです。

焚き火

この時間は同時に焚き火をはじめる時間でもあります。日によってはじめからやる時もありますが、大体このくらいからの事が多いです。焚き火料理をする事も多いので私はキャンプ飯と焚き火はセットで考えています。

f:id:RYOchannel:20211014124528j:image

16:30ランタン火入れ

この時間はランタンの火入れの時間でもあり、イベントがいっぱいです。少し日が沈みかけてきたらまだ明るいうちからオイルランタンに火を灯します。

f:id:RYOchannel:20211014125155j:image

完全に日が沈んで暗くなってきたらホワイトガソリンやLEDのランタンもつけてサイトを明るくします。これは好みが分かれますが、私はある程度明るさがあったほうが良いので大体こうしています。

f:id:RYOchannel:20211014125621j:image

お風呂

18:00場内温泉へ

場内に温泉が併設されているキャンプ場も有り、その場合はこの時間に入浴する事が多いです。1日の汗を流して寝るとゆっくり休めます。

f:id:RYOchannel:20211014131420j:image

幕内へ

19:00少し片付けてテントin

食事の後や焚き火を少し片付けて幕内へ入ります。この時外に食べ残りを出してそのままにしておくと、翌朝カラスなどに荒らされている事が有るのでしっかりテント内に持ち込みましょう。また、気候によっては朝露で濡れてしまう事もあるので、濡らしたくない物はカバーをかけるかテント内にしまう事をお勧めします。

f:id:RYOchannel:20211014130837j:image

テントの中に移動したら、今日あったことを思い返したり次のキャンプの計画を立てたりしながらのんびり過ごします。

22:00就寝

キャンプの日は夜更かしせず早めの就寝を心がけています。

次の日の朝

6:30起床

そこまで早起きというわけではありませんが、あまりダラダラせず朝のキャンプも楽しみます。

f:id:RYOchannel:20211014132104j:image

7:30朝食

歯磨きしたり顔お洗ったりして、身の回りを少し整理整頓したら朝ごはんです。朝は焚き火や炭を使わず、シングルバーナーやアルコールストーブ、固形燃料で調理します。

【送料無料】Hikenture山ご飯4点セット メスティン 目盛り付き バリ取り済み バットアミ付き ポケットストーブ 収納袋付き

ソト (SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

f:id:RYOchannel:20211014184700j:image

撤収

8:30撤収開始

朝食を済ませて一息ついたらいよいよ撤収です。焚き火周りなど、2日目の朝に使わない物は前日のうちに縮小しておくとより撤収がスムーズになります。

f:id:RYOchannel:20211014185824j:image

9:30撤収完了

ゆっくり片付けて約1時間程度で撤収完了です。最後は忘れ物がないかサイトを一通りチェックしたら、少し名残惜しさを残しこれから帰宅します。

 

Twitter

 

RYOchannel’s blogは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。